作家デビューを素早く低価格でおこなえる電子書籍の自費出版

Posted by | Filed under サービス | 6月 19, 2014 | No Comments

名作と呼ばれるような映画や小説を読んでいると、非日常的な感覚を覚え、普段とは違った考え方や感情が芽生えますよね?アクションやSF作品に接すれば、自分の頭の中で同じようなジャンルの話を作り上げることもできるでしょう。異界の地から地球を侵略しに来た宇宙人に対し、世界各国の人間が手を取り合って戦う・・・など。

とはいっても、こういった自分なりの作品を考えたところで、映画を撮る費用もなければ人脈もないでしょう。では小説を出版、販売することはできるのか?

実は昨今では費用を気にすることなく、手軽に自費出版できるサービスも存在しているのです。それが「電子書籍」による自費出版です。

電子書籍はスマートフォンやタブレットから閲覧することが可能ですので、もしも制作した作品を誰かが購入すれば、その売り上げの一部を受け取ることもできます。また定期的に出版社などでは電子書籍専門のコンテストも開催しているため、自分の中に眠っていた才能を世間にアピールするチャンスでもあります。

ブックスペースという、電子書籍の自費出版サービスを提供している会社がありますので、安い費用で作家デビューしたいならブックスペースの公式サイトへアクセスしてみましょう!ゴマブックスが貴方をプロデュースしてくれるそうですよ♪

簡単になった電報の送り方

Posted by | Filed under サービス | 4月 19, 2013 | No Comments

携帯電話や電子メールが使われるようになり、いまではこのような方法で連絡を取ることは当たり前のことになったといってよいでしょう。携帯電話や電子メールなら、いつでもどこからでも簡単に連絡ができます。

また、連絡方法には、携帯電話や電子メール以外に電報を使うこともあります。電報は、連絡を取る方法として昔から使われてきたものですが、この方法は、今でもよく使われています。

電報は、文例と台紙を使って相手に送る方法です。この方法では、文例から選んで送ることができるようになるため、誕生日や入学、卒業、結婚式などの祝電として活用するという人がたくさんいます。

しかし、いまでは電報を送ったことのないという人も結構見られるようになっています。電報は文例を決めて電話から送ります。このときに台紙についても選んでおくることができます。どのような文例や台紙があるのかについてはあまりよくわからない場合、インターネットから送ると便利です。このように今では電報の送り方が便利になっています。

インターネットなら、豊富な文例や台紙の中から選べるようになります。そのことから、インターネット申し込みは、これからの電報の送り方として注目されています。